コミュ障男の進撃日誌 | 〜 本気でコミュ障を治す! 〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ばななん on  | 

共通点。

初対面の相手と仲良くなりたい場合は、まず相手との共通点を見つけましょう。
相手との年齢や出身地、好きなものが一緒だと知ったとき、急に親近感が湧く事ってありませんか?
これは心理学に置いても実証されていて、
自分と似たものに好感を持つ傾向を、類似性の法則と言います。
つまり、会話を膨らませるには、お互いの共通点を見つけて、相手に親近感を抱いてもらう事が一番の近道なのです。

共通点の代表的なものとして、
出身地・居住地・共通の友人や知人・家族構成・趣味・好きな食べ物・その他好きな◯◯、
などが挙げられます。
話に詰まったら、このような話題を挙げてみるのも一つの手です。
もし、いきなり話題に挙げるのは違和感があると思ったら、ちょっとしたジャブを挟んでから、話題に挙げてみましょう。

例えば、
あなた「先週、◯◯のコンサートにいったんだよ!
相手「いいなー。楽しかった?
あなた「うん、楽しかったよ!あなたさんは好きなアーティストとかいる?
相手「私は・・・

というように、正直前振りの部分は嘘でも良いです(笑)
相手に話題を振るというところにフォーカスしてるんで、いいタイミングで相手の話題に移しちゃいましょう。

でも、プライベート面での、共通点の探り方にだけは注意が必要です。
例えば、家族構成・結婚・年齢・宗教・思想等です。
特に、宗教や思想などの質問だけは、自分と完全に一緒という確信がある時以外はやめときましょう。
家族構成や結婚、年齢も場合によっては、相手の逆鱗に触れる可能性があります。
例えば、
あなた「お父さんと、お母さんは今お元気ですか?
相手「両方いないんだ。
あなた「そっか・・・ごめん。
とか、
あなた「ご結婚されてるんですか?
相手「してないです。
あなた「そうですか・・・すみません。
とか、
あなた「おいくつですか?
相手「あまり、年齢は言いたくないです。
あなた「そうですよね。すみません。
なんていう事態にも、なり得ます。

なので、こういう話題は必ず間接的に聞くように心がけましょう。
例えば、結婚しているかを探りたい場合であれば、
素敵な指輪ですね。どこで買われたんですか?」と間接的に質問してみましょう。
これであれば、もし相手が結婚してない場合でも、
◯◯で買ったんです。一目惚れして、衝動買いしちゃいました。
なんて普通に会話を続ける事我で来ますし、既婚の場合でしたら、
いえ、主人に買ってもらったんで、どこで売っていたかは知らないんです。
と、答えれば狙い通り、結婚の話題に持ち込めるでしょう。

とにもかくにも、会話下手で話が続かないと困っている方は、相手と自分との共通点を探りましょう。
人間、性質や好みは千差万別と言われいていますが、そのジャンルもまた無限大にあります。
一つは必ず自分との共通点が見つかるはずです。
会話の中で自分との共通点がないか、意識して相手の話を聞いてみましょう。


Posted by ばななん on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

おさしみ says..."No title"
相変わらず、分析すごいですね。

毎回思うのですが、ブログのタイトル...



ブログ上でしか知りませんけども...

少なくとも「くず」ではないです!!!

即刻直すように!!!


そういえば、ばななん さんの趣味とかプロフィールに無いですね

趣味とかありますか?
2013.08.08 22:54 | URL | #- [edit]
ばななん says..."Re: No title"
おさしみさん、そう言って頂けると救われます!

ブログのタイトルはインパクトを狙った面もあるんですが、
ネガティブすぎますかねぇw
もっと自分に自信がついたら、思い切って変えてみようと思います!

趣味ですか〜?
う〜ん、結構色々手は出してきたんですが、何より飽きやすい性格で・・。w
でも強いて挙げれば、ドライブ・音楽・漫画・アニメですかね!
特にドライブは、好きな音楽ばりばりかけて、自分の知らない場所に行くのが大好きです!
勿論、今はブログも趣味ですよー(笑)
2013.08.08 23:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://komyukuzu.blog.fc2.com/tb.php/38-0bd715cc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。