FC2ブログ

コミュ障男の進撃日誌 | 〜 本気でコミュ障を治す! 〜

雑談②

前回、対人関係における雑談の重要性に関して説明しました。

「内容」よりも「行為」、これは大原則なのですが、
とはいっても、何かしらの雑談を始める”きっかけ”は必要です。
そんな時の”きっかけ”のパターンをいくつか紹介しときたいと思います。

天候、仕事、健康、ニュース・芸能は鉄板。
定番の話すきっかけとして、上記に挙げたものがあります。
天候「今日は暑いですね。」「雨凄いですね。
仕事「今からお仕事ですか?」「今日はオフですか。
健康「お久しぶりです。お元気でしたか?」「花粉症ですか?
ニュース「昨晩のワールドカップは盛り上がりましたね!見られました?
芸能「今朝見たんですが、◯◯、◯◯と結婚したらしいですよ。
これらのネタは年代、性別に関わらず、誰にでも使えて、とっつきやすいのがメリットです。

相手を褒める。
出会った人のどこでもいいので、褒めてみてください。
しっかり考える必要はありません。
なんとなく褒める。とりあえず褒める。が原則です。
例えば、
自分「鞄、凄くおしゃれですね。
相手「ありがとう。ここの部分が気に入っていて、買ったんです。
自分「そこ凄く良いですよね。分かります。やっぱり結構鞄にはこだわっていらっしゃるんですか?
相手「ええ。これも・・・
というように。
褒められて嬉しくない人なんていません。
相手は、あなたに対して好意を感じた状態で雑談に及んでくれるので、
普段の会話の入り方よりも、より話しやすいはずです。
もし相手のことをよく知らない場合でも、
見えている部分を褒める事は、誰にでも出来ますよね。

①は②より簡単ですが、②は①よりも効果的です。
①で人と話す、会話が成立する感覚が身についたら、思い切って②を実践してみましょう。
予想以上に相手との距離がぐっと縮まるはずです。

相手に話してもらう”きっかけ”を与えたら、あとはこっちのもの。
自分:相手=2:8ぐらいの割合で、自分は聞き手に周り、相手中心で話してもらう事によって、
会話はどんどん続ける事が出来ます!

次回は、聞き手という立場にフォーカスして、解説していきたいと思います!


Posted by ばななん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://komyukuzu.blog.fc2.com/tb.php/29-e9f3d8e8
該当の記事は見つかりませんでした。