コミュ障男の進撃日誌 | 〜 本気でコミュ障を治す! 〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ばななん on  | 

大きく動く 2

前回の記事から、ちょっと時間が空いてしまいました。
実はこの間、この記事をずっと書くべきか、書かざるべきか葛藤してました。
でも、自分の中で逃げ道を失くすためにも、
敢えて、このブログで書こうと決心しました。

今後の自分の大きな挑戦として、「起業」を目指します!!

「いきなり何を言い出してんの、こいつw」
とか、
「コミュ障に起業なんか出来るわけないだろ、なめてんのか!」
とか、
皆さん色々意見があると思います。

でも、一番それを感じてるのは僕です。
自分は今まで色んな事にアイディアを持っていましたが、
「どうせ僕なんて・・。」
みたいに、ネガティブにネガティブにものを捕らえて、何も行動に移す事が出来ませんでした。

勿論、起業する事の難しさも重々承知です。
起業して3年もつ企業が90%以下だという事実も含めて・・。

でも、今は。
そういったリスクを考慮しても、「やりたいこと」が見つかったし、
絶対それを形にしたいと思っています!!

「成功の反対は失敗ではない。何もしない事だ。」
大分前にも触れましたが、この言葉は僕の座右の銘です。

勿論今すぐに、起業するという訳ではありません。
今から起業に関する勉強をして、しっかりとした戦略と知識を持って起業に望みます!

本気の進撃・・・始めます。


P.S. 次の記事でどんな会社を設立したいのか、
   自分がどんなことをやりたいのかを具体的に書いていこうと思います!

スポンサーサイト
Posted by ばななん on  | 2 comments  0 trackback

まじめ・・。

まじめに生きていれば、きっといつか報われる

この言葉の真偽は永遠に謎です。

確かに、綺麗な言葉とは思いますし、
自己を奮起させるためにはいいかもしれませんが・・。
現実問題、この言葉の信憑性って低い気がします。

自分は結構、周りからまじめな性格だと言われます。
ただ、自分にとってはこれがコンプレックスでしかありませんでした。

真面目のいい面をあげると、誠実でまごころのある行動を取れるということでしょうか、
でもいい面ってこれで終わり・・・たったこれだけ・・。

逆に悪い面を見てみた場合は、
人に言われた事は指示通りに従う。
融通が効かない。
反論しない。
等々、他にもあげたら切りがない気がします。

自分の場合も、そうです。
周りのために行動をして「いい人」という名称を手に入れても、
結局・・・
真面目な性格故に、はみ出した行動が出来ず、
多分「つまらない人間」っていう烙印が押されてる気がします。

ドラマとか映画をよく見ている人なんかは、
真面目な人間を振って、ちゃらんぽらんな幼なじみと最終的にくっつくヒロインとか、よく見ますよね?
結局、それって世間的に見ても、
ちょっとふざけた感じやはみだした感じの人間の方が魅力的ってことなんじゃないでしょうか?

じゃあまじめって自己満足なんでしょうか?

ん〜、この問題は難しい。
あくまで僕の場合に限っては、
はみ出した事をするのが怖いという臆病な性格から、
世間の目に従順であろうとして、まじめという性格になっちゃったんだと思いますw

自分の中でも答えがまとまってないから、
記事の内容も曖昧でまとまりのないものになっちゃいましたw

結局、まじめって何なんでしょうね?



Posted by ばななん on  | 10 comments  0 trackback

場慣れ

このブログでは、コミュニケーションを題材にしていますが、
実際のところ、それに関する記事のメイン部分は終わっています。
自分が思いついた順とか、重要度順とかで記事は書いてるので、
コミュニケーションカテゴリーでは結構前半の方がためになるかも・・。

で、俺が本当にブログをとして実現したいのは、本当にコミュ力を身につけてもらいたい!
本音をいうと自分自身が身につけたい!

ここで書いてる記事は結構、俗にいう自己啓発本とかによく書かれたりする内容だったり、
覚えておいて損のない事だと思うけど、読んだだけでコミュ力が上がるということはまずないです。

だからこそ、重要となってくるのが実践することです!
頭にあるけど、行動に移せないって言うのはよくありがちのことです。
俺自身もそうです。
なんだかシュミレーションではうまく言ってるけど、
本当に人に目の前に立たれると口と思考がとたんに回らなくなります。
そんな経験、多分コミュニケーションに不安を抱いている方なら、一度は経験あると思います。

コミュニケーションを苦手にしてる方は、どうしてもコミュニケーションを避ける傾向にあります。
でも、それじゃあさらにさらに苦手意識が大きくなっていてします。
コミュニケーションは苦手な人ほど、とるべきだと確信してます!

なんか、なにを書きたかったのかわからなくなっちゃったけど、
とにもかくにも1に場慣れ、2に場慣れ、3・4がなくて、5に知識です!

だからブログでは今後も、実際にコミュニケーションをとる場を作りたいと思ってます!
しゃべりたいけど普通の人はハードルが高いとか、話す場がないとか、
そういう人のためのイベントです。
最初はチャットから始めるけど、後々には実際に口でしゃべる機会とかも作ってみたいと思ってます!
変化を望むものにしか、変化は訪れません。
少しでも迷いがあるなら、まず実践!

あぁ〜!しゃべりたい!変わりたい!


Posted by ばななん on  | 2 comments  0 trackback

共感力

以前、人との共通点を見つける重要性について触れました。
人は人との共通点を見つける事によって、親近感を覚えるという類似性の法則です。
でも、どうしてもなかなか共通点が見つからない場合は、
相手の話に共感してあげるという事も大事になってきます!

普段の会話の中でも、もちろん重要なのですが、
この共感力が最も効果的に現れるのは、愚痴などの会話においてじゃないでしょうか?
まぁ、愚痴に関しては肯定派・否定派おられると思いますが、
やっぱり愚痴を言う人は必ず存在しますし、
普段の会話より愚痴の方が盛り上がるというケースも多々あります。
それは日頃自分のなかで抱え込んでいるうっぷんを吐き出して、楽になれるからです。

例えば、
相手「ちょっと聞いてよ!今日、会社を6時に出社しようとしたらさぁ、
   上司に『皆がまだやってるだろ!手伝ったらどうなんだ?』とか言われて食い止められて、
   結局8時まで残らされる嵌めになったのよ!
   私は持ち分の仕事終わらせたのに、お前の仕事のペースが遅いのが悪いだろって話!
   ホント腹立つわー。◯◯のやつ!


という相手の愚痴に対して、

あなた「俺(私)愚痴嫌いだし、そういう話しないで」とか、
   「それは君が間違ってるよ。皆が困ってるんだから手伝うべきだ!」とか、
無関心や頭越しに否定する事は、いらだっている相手を余計怒らせてしまいます。
絶対やめましょう。

ここで相手が期待している事は、あなたの考えや意見ではありません。
相手はあなたに共感を求めてるんです!


だから、模範解答としては、
あなた「あなたの気持ち、凄く分かるよ!そういうのめちゃ腹立つよね!
    ぜっかく仕事頑張ったのに、骨折り損だよね。
    次からは、そんなやつのこと相手にしないで、
    あなたが思うようにやってみればいいんじゃない?

というように、相手の気持ちに共感して、相手に自分が味方である事を認識させましょう。
そうすれば、きっとあなたに親近感を覚え、怒りも収まるでしょう!

再度繰り返すようですが、愚痴を聞く側としての気持ちはいりません。
例え、相手の意見が完全に自分とは非なるものだとしても、気持ちを噛み殺して、
とりあえずは相手の気持ちを汲み取って共感してあげましょう!
もし反論するにしても、共感の気持ちを示した後で、
君の気持ちもよく分かるよ。それは腹立つよね。
 でもさ、もし気持ちに余裕が出来れば、一度話し合ってみてもいいかもね。

みたいな風に、やわらかくアドバイスを付け加えましょう!

とにもかくにも、人は自分に共感してくれる人に親近感を覚えます。
自分を分かってくれる。自分と同じ感性を持っている。
そういう気持ちを自然と人に与えれる力。
それが、共感力です!


Posted by ばななん on  | 6 comments  0 trackback

会話に質を求めるな。

なんか前回の記事が内容が内容なのに、
多くの拍手を頂い、驚きと喜びを隠せない今日この頃・・・。
今回の記事は真面目にやっちゃいますw

うまく話せない。
どうやったら、あんなにうまくしゃべれるんだろう。
なんて悩み、コミュニケーションに悩みを抱える方なら、一度は抱いた事あるのではないでしょうか?

逆に、
つまんない話しやがって、ほんとにくだらない。」とか、
なんでそんな話するの?どうでもいいじゃん。」とか、思った事ありませんか?

そんな人は、話にクオリティを求めるばかりで大事な事を見失っている場合が多いです。
会話において大事なものは、内容ではなく、しゃべるという行動です!
会話が上手な人が必ずしも、面白い人とは限りません。
毎度言ってるけど、やっぱり会話上手はリアクション上手です。
相手の話にどんな話でも興味を持ってみましょう。

これの代表的な例としては、血液型占いの話題なんてよく当てはまります。
皆さん、血液型で性格が分かれるって信じます?
正直、答えは科学的にも解明されてないので分かりません。
ですが、この際信じるか信じないかなんてどうでもいいんです。

まずは悪い例。
相手「ねえ、ねえ、私の血液型知ってる?
あなた「う〜ん。わかんないなぁ。
相手「じゃあ当ててみてよ!
あなた「う〜ん。俺血液型とか信じてないし、興味ないし。
相手「・・・そっか。
なんて結果に。

これがいいように転ぶと、
相手「じゃあ、当ててみてよ!
あなた「う〜ん、結構大雑把だけど、それ以上にわがままで、自由奔放だからB型?
相手「ぶっぶー全然違う。正解はA型。わがままって失礼じゃない。私結構まめなところあるし〜。
あなた「え〜!どこがー?
相手「えぇ!結構普段からじゃん。例えば、昨日とか・・・」なんていう風に、
血液型 ➡ 性格の話題 ➡ 体験談 ➡ その人の人間性 って言う風に、
どうでもいいことから、重要な話にも繋げれる可能性があります。

とにもかくにも、人の話には極力興味を示して、会話に乗りましょう。
それが出来たら、自分からも相手に話題を触ってみましょう!
もちろん、内容なんてどんなにくだらなくてもいいんです。
それで相手が乗ってこなかったり、素っ気ない態度を取られたら、
それは過去の自分だと思って、心の中で見下しちゃいましょう(笑)

でも一つだけ注意点。
しゃべりすぎて、自分の独壇場になる事だけは避けましょう!
相手がうんざりする前に、適度に話題を相手に振りましょう。
ちなみに相手がうんざりしてると気づいたら、直ちに話すのをやめるようにw


Posted by ばななん on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。